KeepTheFaithのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神秘体験という小説 2

<<   作成日時 : 2010/03/19 12:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


仕事場からこんにちは(笑)


昨晩、第二部読破しました。

ボリュームがありましたが、気にならなかった。

うん、どう書いて良いか。うん。


釈迦の件ですが、ああ、言われてみればそうかもな、と。
私は違う捉え方をしていますが、それでも頷きます。

それと、その他の件です。多少知識はありましたが、知らないものが多くて、正直ためになりました。

思想について考えていると思えば、科学についての解釈が入り、読んでいて飽きずにすんだ、というか。
延々と、精神論ばかりを唱えている本を読むと、見ていてげんなりする時がありますよね?
書き方、というのかな。手法というか、読ませ方まで考えた感じがします。

作者さんの狙い通り、一読者として、びちっとハマりました(笑)


他にも、将棋について書かれていて。

主人公がただの将棋好き、というわけではないから、まったく知らない私にも読めた。


将棋って、奥が深いんだな、と。

将棋というと、お年寄りというイメージで、暇を持て余した人が、時間つぶしにやるものだと思っていましたが、これはまったく違いましたね。


熱い!


囲碁、将棋をできるかたは、頭が良いと聞きます。

ちなみに、私にはできません。やっても負けます。なんか、致命的なほど短絡思考の持ち主のようで。


将棋の話の中で語られている件は、できそうですけどね。


もう、あってもおかしくないというか。いや、待てよ。本当にもうあるのでは?
知識不足ですいません、これ解らないですが、将来は七段が仰っている通りにになりそうだと思います。

昔、チェスではありましたよね?

なにかって言うのは、ネタバレに入ると思うので、書けませんが。



この章は、肝ですかね。よく読んで、主人公を学びました。

全てを読むと、一枚の絵になる感じ。
最後の1ピースまで速やかにはまって行き、最後がはまると、主人公が浮き彫りになる。


似た手法で書かれている小説も出ていると思いますが、新しい感覚で読めました。


にしても、弓月さんは、あれをどこまで調べたんでしょう。すっごい聞いてみたい話が一杯あります。


あ、昼休みが終わってしまう(汗)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神秘体験という小説 2 KeepTheFaithのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる