KeepTheFaithのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神秘体験という小説3

<<   作成日時 : 2010/03/29 15:11   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

 
ラストまで読みましたよ★

あとがきと、参考資料まで全部です。



ええ〜!本当ですか?
と、あとがき見てびっくりしました(オイッ!

だって、そうだと思わなかったんですもの(汗)

どこからが創作で、どこからが真実か解らないのが凄い。


感想です。

まず、やっぱり高度なお話と説明でした。

だって、主人公が○○なんだもの。

面白かったですよ。教授が出てきてあれこれとしたところなんか特に。



その後、ラストに行くと、ああ、なるほど、そういうことかと。


どうやら、前作品があるようです。

ちょっと読んでませんが、読んでからこちらを読んだらもっと面白いかも。

この後も、まだまだ話ができそうですね。

次回作、思わず期待してしまいます。


設定や思想の辺りは、私が考えているものと違います。
多少、似ているところもありました。

そうなんですよ、結局、あんな感じになってゆくような気がします。
実際、あそこから改善しないと、根本的なものは変わらないでしょうし、ただ、今は倫理の点で煙たがられますよね確実に。


ずれますが、人工授精をしてヒトのクローンを造る技術を研究している方がいます。

かなり前に、受精卵を造り冷凍保存しているはず。

科学の進歩とともに、人は神の領域まで手を広げているわけです。


もっとも、神っていうのも人の想像と言えなくはないですが。

宗教は、学問としては面白いです。ですが、信じ切るのには抵抗があります。


簡単に言うと、金を出さなきゃ駄目。見返りを欲しがる神様がいる。

そんな宗教が多い。言いたいところの名を全部出したいくらいだ。

はっきり言って、先祖供養はなにかしら意味があると思う(遺伝子を残してくれた祖先だから)。
でも、金を出せば助けてくれると説くのは神様じゃあない。ヒトですから。

見返りはなんなの?信じて祈ればいいの?祈るだけで良くなると思ったら間違いです。

なんて書くと、罰当たりと言われそうですが。

宗教の多くって、医者が出す薬を飲むと、体が治ると信じているようなもの。

しかし薬のようにはっきりとした効能が定かではないですよね。

なんにせよ、妄信ほど怖いものはありませんね。


とにかく、何かを信じ、信じるもののために行動するからこそ、価値があるし、面白いんだと思う次第です。

真剣に行動したから、主人公は認めたのかなと思いました。



にしても、科学者って本当にあんな感じだろうな、と。
作中に出てきた、時効の人達。

やきもきしますが、しょうがない(笑)


まったくずれますけれど、参考資料が凄いです。

SF、たぶん私にはまだまだ書けません。


ええと、URL付けておきます。



http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=aw_mp_1/?a=4902887584&uid=NULLGWDOCOMO


神秘体験、アマゾンです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
作品の感想文を書いて頂き、感謝です。
ホント、お願いしたわけでもないのに。世の中には、ご奇特な方もいらっしゃるものだと、救われたような思いです。
今、こちらのサイト→http://campaign2010.blog.shinobi.jp/で書評キャンペーンをやっています。
あなたにはすでに応募資格がありますので、エントリーしてみませんか?
取り敢えず、御礼かたがた、ご連絡まで。
弓月城太郎
2010/06/25 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
神秘体験という小説3 KeepTheFaithのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる